最も大切な能力

ベテラン家庭教師をおすすめしていますが、大学生の家庭教師を否定しているのではありません。 ただベテランと比べると、どうしても経験不足がでてしまうことが多いのです。 家庭教師に最も必要な物は、コミュニケーション能力とされています。 いくら学力が高くともそれを伝える能力がなくては教えることはできませんし、 なにより話を真剣に聞いてくれません。 話を聞いてくれないと当然、結果はでてきません。

話を聞いてくれないと当然、結果はでてきません。 大学生はそうなると必死になりますが、コミュニケーションが取れておらず信頼関係が築けていないと、 その必死さがよけいに鬱陶しく受け取られてしまうことがあるのです。 これは大学生が悪いということではありません。 個人同士の相性などがありますので、難しいことなのです。

ですがベテラン家庭教師は、前項で示したように失敗もしています。 経験が豊富ということは、生徒の性格や個性を見てコミュニケーションの取り方を変えることが可能ということです。 これは大学生でも持っている人がいるかもしれませんが、経験により積み重ねていくことが可能です。 ベテラン家庭教師も新人のころは持っていなかったかもしれません。 ですが経験を重ねたことにより、持ってしかるべき能力なのです。